伊藤忠テクノソリューションズ(CTC、菊地哲社長)は、10月16日、日立製作所(中西宏明社長)のIT運用自動化基盤「JP1/Automatic Operation」を利用した運用自動化サービス「AOplus」の提供を開始したと発表した。

 「JP1/Automatic Operation」は、これまで手順書に従って担当者が行ってきた標準的な運用手順を自動化するソフトウェア。運用手順のテンプレートをコンテンツセットとして提供するので、作成したコンテンツを組み合わせるだけで運用を自動化できる。

 「AOplus」は、システム運用経験の豊富なコンサルタントが、運用自動化について調査したり、システムを構築したりするサービス。「JP1/Automatic Operation」によって運用を効率化できるか既存の業務手順を調査・分析し、効果の見込めるタスクに関して、運用効率化フローの作成・動作テスト・システム構築を行う。独自システムへの対応フローの開発・作成、「AOplus」導入後の運用業務のアウトソーシングなど、運用に関連する幅広い業務に対応する。

 価格は60万円から。ライセンスと保守を含め、初年度で3億円の売上を目指す。サービス販売とプリセールスはCTCが行い、調査とシステム構築はCTCのグループ会社でシステム運用を実施するCTCシステムサービス(CTCS、後藤健社長)が担当する。(真鍋武)