伊藤忠テクノソリューションズ(CTC、菊地哲社長)は、8月8日、日鉄鉱業(松本六朗社長)の全国24拠点のデータバックアップに、CTCのクラウドバックアップサービスを提供したと発表した。

 日鉄鉱業では、東日本大震災以降、全国拠点の遠隔バックアップシステムの構築が課題だった。今回のクラウドバックアップサービスの採用で、全拠点の遠隔バックアップやデータの一元管理ができるようになり、システム運用のアウトソーシング化とデータ消失リスクの低減を実現した。全拠点の日々のバックアップ状況は、専用のウェブポータルでモニタリングし、本社情報システム部門で一元管理している。クラウド型サービスの採用によって、初期設備投資なしで課題を解決した。

 CTCのクラウドバックアップサービスは、セキュアなVPN回線を経由して、顧客のデータをCTCの国内データセンターへ遠隔バックアップするサービス。EMC製バックアップソフト「Avamar」の重複除外機能で、バックアップするデータ量を大幅に削減している。データを転送する前に重複除外機能が稼働することから、バックアップに必要な時間も大幅に短縮している。データは暗号化して単体で解読できない状態で転送する。