「BCN Conference 2012」の第二セッションでは、JBCCホールディングスグループのJBアドバンスト・テクノロジー(JBAT、赤坂喜好社長)が、同社が考案した「ハイブリッド・データスペース(HDS)」のコンセプトについて講演を行った。

JBアドバンスト・テクノロジー 先進技術研究所先進技術担当の浜口昌也氏

 JBATは、SIerであるJBグループのなかで唯一ハードウェア製品を開発し、ハードとソフト、サービスを組み合わせた製品開発を強みとしている。「HDS」のコンセプトも、スマートデバイスや業務アプリケーションソフト、クラウドサービスなどを組み合わせたものだ。浜口氏は、JBATらしさを前面に出すことで、特色ある製品やサービスの開発につなげていく考えを示した。(安藤章司)

「HDS drive」の概要(JBATのプレゼンテーション資料)
<BCN Conference 2012>関連記事
日本マイクロソフト、「Office 365」の強みとパートナービジネスモデルを説明
ソフトバンクBB、使いやすさを追求したソリューション提供をアピール
日立システムズ、コストをかけずにクラウドビジネスを始める方法を伝授
地域のITベンダーが熱く語る「新ビジネスモデル」創造への取り組み
イーストマン・コダック、ドキュメントイメージングとモバイル/クラウドとの連携を深める
JBアドバンスト・テクノロジー、ハイブリッド・データスペース(HDS)のコンセプトを披露
NTTコミュニケーションズの工藤潤一部門長「M2Mアプリケーション開発に商機」
DTCの八子知礼氏が基調講演、「生き残るために、モバイル向けビジネスが必須」