JBアドバンスト・テクノロジー(JBAT、赤坂喜好社長)は、ユーザー企業の利用形態に合わせた最適なクライアント環境を実現するオプティマイズソリューション「Optimized Software 2.0」を、10月に発売する。

 「Optimized Software 2.0」は、「Optimized Toolkit」と「OptimizedPC Management Server」の二つのソフトウェアで構成される。既存のクライアント端末に「Optimized Toolkit」を導入することで、いつでも、どこでもセキュリティを確保して作業することができるクライアント環境を提供する。

 また、「OptimizedPC Management Server」は、「Optimized Toolkit」を導入したクライアント端末を統合的に管理するサーバーソフトウェアとして、クライアント端末を使用する「人」「場所」「業務」に応じて管理コンソールからデバイスやデータの保護、セキュリティレベルの調整、アプリケーションやUSBデバイスの使用制限などが設定でき、利用形態に最適なクライアント環境を構築する。

 価格はオープン。JBCCを中心としたJBグループで販売し、年間4000本の販売を目標としている。