理経(黒田哲夫社長)は、「BizPortalオンプレミス」を紀伊國屋書店が採用したことを発表した。

 「BizPortalオンプレミス」は、インターネットアクセスをコントロールするサーバーとインターネットに対し接続をコントロールする認証ゲートウェイ装置であるNomadix「AG-2300」で構成するシステム。「AG-2300」のアクセスコントロール機能で、クレジット課金やプリペイド型課金、外部システムと連携したシングルサインオンなどのニーズに対応し、店舗にウェブ会員を誘導したり、来店者にウェブ会員への入会を促したりできる。また、ユーザーが設定した端末の初期閲覧ページ(ホームページ)よりも先に特定のページを強制表示させる機能を広告宣伝などに利用できる。

 紀伊國屋書店は、店舗内Wi-Fiで各種インターネットサービスを利用できる環境「紀伊國屋書店Wi-Fi」を提供している。これはパソコン、スマートフォンやタブレット端末から紀伊國屋書店が提供するインターネットサービスを利用できる環境を提供するもので、電子書籍販売と店舗ウェブ会員へのクロスチャネルによるプロモーション手段を検討していた。

 複雑な設定なしで簡単にWi-Fiにアクセスでき、プリペイドカード、クレジット決済、会員限定サービスなどのさまざま決済に対応。ユーザーのブラウザ設定にかかわらず、「AG-2300」のホームページリダイレクション機能を利用したバナー広告やキャンペーン通知を効率的できることを評価したという。