ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(本富顕弘社長)は、アークン(渡部章社長)と日本パナユーズ(JPU、森本恭介社長)と協業。ウォッチガードとアークンのセキュリティ製品を活用し、企業ネットワークのセキュリティを強化する「W Guard」(ダブルガード)ソリューションを発表した。ウォッチガードのプレミア・パートナーである警備会社のJPUが販売。主に中規模事業所をターゲットとし、初年度は600社の販売目標を立てている。

 「W Guard」は、ウォッチガードのUTMアプライアンスである「WatchGuard XTM」をインターネットゲートウェイに設置してネットワークからの脅威を遮断するとともに、アークンのアンチマルウェアソリューション「Ahkun Anti-MalwareAV」によって、外部メディア経由の脅威からクライアントPCを保護するソリューション。ユーザのネットワーク・セキュリティのリスクとなりうる「ネットの出入り口」と「クライアントPC」を強固に保護することによって、二重の防御でセキュリティを高める。