ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、本富顕弘社長)は2月22日、カゴヤ・ジャパン(北川貞大代表取締役)が提供するレンタルサーバーブランド「KAGOYA Internet Routing(KIR)」の「メールプラン エンタープライズ」に、ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)アプライアンス「WatchGuard XTM 21」が採用されたと発表した。

 カゴヤ・ジャパンの「メールプラン エンタープライズ」はシステムの拡張性に優れ、ユーザー規模に応じて自由にシステムを組み合わせることが可能なメールシステム。ユーザー専用のメールゲートウェイ、メールサーバー、およびメールセキュリティアプライアンス各1台ずつ(計3台)をシステムの基本構成として利用可能で、この基本構成のみで1000ユーザーまで利用できる。

 今回、カゴヤ・ジャパンでは、「WatchGuard XTM」について、アンチスパム性能とコスト・パフォーマンスの高さ、さらに柔軟なシステム構成が可能である点を評価し、「メールエンタープライズ」に採用した。「メールエンタープライズ」の基本構成では、「WatchGuard XTM 21」の利用となるが、オプションとして、アプライアンスの追加による負荷分散構成、または「WatchGuard XTM 505」への変更によるスペックアップなど、ユーザーのニーズに合わせて柔軟にメールシステムを構成・運用できる。