日立製作所(中西宏明社長)は、気象予測などの科学技術計算分野向けスーパテクニカルサーバー「SR16000シリーズ」の新モデル「SR16000 モデルXN1」を2013年1月7日に発売する。

 CPUに最新のPOWER7+プロセッサ、OSにAIXを採用したスカラ機の中小規模クラスのスーパーテクニカルサーバー。POWER7+プロセッサと80MBの大容量オンチップ L3キャッシュメモリの搭載で、消費電力あたりの性能を従来モデル比で約1.7倍の727MFLOPS/ワットにした。1ノードにPOWER7+プロセッサを2個、メモリを最大512GB搭載することができ、最大512ノードを接続して使用できる。

 新たに採用した高密度実装技術で、従来モデルよりもスリム化したラックに最大56ノードを搭載できる。1ラックあたり29.3TFLOPSの理論ピーク性能を実現し、設置面積あたりの性能は、従来モデル比で約3.7倍の44.5TFLOPS/m2に向上した。価格は個別見積もり。

SR16000 モデルXN1