EMCジャパン(EMC、山野修社長)とリコージャパン (リコー、佐藤邦彦社長)は、11月14日、中堅・中小企業(SMB)向けストレージソリューションの提供に関する戦略的なパートナーシップを締結したと発表した。

 リコーが、EMCのパートナー販売支援プログラム「Velocityソリューション・プロバイダ・プログラム」に参画する契約を締結。これによってリコーは、SMBや大企業の部門・拠点向けに仮想化環境やDR(災害復旧)対策用のソリューション提供を強化する。

 EMCのユニファイドストレージのエントリモデル「EMC VNXeシリーズ」を中核としたサーバー・ストレージに関する専門知識をもつシステム専任営業約200人を全国に配置し、ユーザーのシステム環境統合に最適な提案をする体制を整備。さらに、サーバー・ストレージ環境の構築から保守までをワンストップで提供する。保守はリコーテクノシステムズ、仮想化環境などのシステム構築はリコーITソリューションズが担当。首都圏を中心とした大都市圏を対象にサービスの提供を開始し、順次対象地域を拡大していく。(真鍋武)