ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、教育機関・地方公共団体に特化した事前検証・サイジング済みの仮想デスクトップパッケージを発売した。

 EMCの仮想基盤「VSPEX」をベースとした事前検証済み製品で、仮想デスクトップを容易に導入することができるパッケージ。ユーザー企業の規模に応じてサイジング済みの4種類のモデルを用意し、構築期間を大幅に短縮することができる。

 「VSPEX」は、EMCが複数社の製品を組み合わせた仮想基盤・仮想デスクトップ環境を事前に評価検証した製品。構成は、仮想デスクトップ製品にVMware View、ハイパーバイザーにVMware vSphere、サーバーにCisco UCS、ネットワーク機器にCisco Nexus、ストレージにEMC VNXを採用している。ネットワンシステムズは、あわせてセキュリティ製品群と標準アプリケーション群も事前検証しており、追加するかたちで提供する。