OSK(宇佐美愼治社長)は、操作性や視認性を高めながら、多彩な見積もり出力が可能になった建設業向け見積もり管理システムの新バージョン「SMILE BS POWER 見積 2nd Edition」を、2月4日に発売する。

 「SMILEシリーズ」のすぐれたユーザビリティを継承しながら、案件管理から実行予算作成までをカバーする建設業向け見積もり管理システム。多数の工種と明細から構成される見積もりを、表計算ソフトのように見やすいスプレッドシート状の画面で、階層を表示しながら入力できる。ひな形に材料データや過去の見積もり書をコピーして、効率よく見積もり書を作成する入力支援機能と豊富な出力帳票を用意する。また、予算を同時に作成することによって、概算の利益も把握することができる。

 新バージョンは、見積もり書のExcel出力機能を搭載。Excelならではの豊富なフォントや書式を使った多彩な表現ができる。Excelひな形フォームにワンタッチで見積もりデータを転記し、Excel形式の見積もり書ができる。提出先である元請けから指定されたExcelの書式にも柔軟に対応できるので、作業の効率を飛躍的に高めることができる。

 また、Windows 8のマルチタッチ操作対応(タップ、ピンチイン、ピンチアウト、スライド、スワイプなど)とフレームワーク機能の強化によって、すぐれた操作性をもち、直感的な操作ができる。似たような画面が多い業務ソフトで、オペレーターやメニューごとに配色を指定できるので、メニュー起動時にオペレータに直観的に訴える。

 「SMILE BS POWER 見積 2nd Edition」で作成した見積もりデータを利用して、「SMILE BS 会計」や「SMILE BS コストマネージャー」で発注・請求業務を行うだけでなく、見積データの予算をもとに「SMILE BS 会計」や「SMILE BS コストマネージャー」のプロジェクト別予算を作成することもできるようになった。価格は、スタンドアロン版が30万円、LAN版が55万円から。