サイボウズ(青野慶久社長)は、エンタープライズ向けグループウェア「サイボウズ ガルーン」の拡張モジュールとして展開しているサイボウズ総合研究所(サイボウズ総研、山田理社長)の「パワーアップキットシリーズ」をサイボウズに事業統合し、3月1日にサイボウズ製品として発売した。

 サイボウズ総研は、「ガルーン」の適合性を高める施策の一つとして、「ガルーン」のパッケージプログラムのソースコードを改変するカスタマイズを実施している。カスタマイズによって、パッケージだけを導入する場合に比べて費用が高く、納期が長くなることが課題となっていた。

 「パワーアップキットシリーズ」は、汎用的な仕様のカスタマイズをパッケージ化してガルーンのオプションにしたもの。これまでサイボウズ総研で提供してきた製品をサイボウズに統合することによって、エンドユーザー/パートナーへの窓口がグループ会社内で二重になっていた点を解消し、迅速な対応を実現する。

 また、営業・マーケティング・開発・サポートなど、すべての事業活動での相乗効果から、「ガルーン本体の新規案件獲得」「パワーアップキットによる売上拡大」「適合性強化によるガルーンの受注率向上」を図る。今後、サイボウズ総研は、SI事業とSaaS事業で顧客の要望に対応していく。