サイボウズ(青野慶久社長)のVPNサービス「サイボウズ リモートサービス」が、イーディーコントライブ(尾上昌隆社長)が提供するUSB認証キー「Safety-DRS for サイボウズ リモートサービス」に対応した。

 「サイボウズ リモートサービス」は、社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内LAN内にあるサイボウズ製品やその他のウェブシステムにアクセスすることができるネットワーク環境を提供するVPNサービス。ウェブブラウザがあれば、パソコン・スマートフォンなど、さまざまな情報端末から安全にアクセスできる。

 「サイボウズ リモートサービス」と「Safety-DRS for サイボウズ リモートサービス」を合わせて利用することによって、パソコンへのファイル保存や印刷などの機能を制限し、テレワークやBCP対策として、安全な社内システムへのリモート接続を実現する。

 「サイボウズ リモートサービス」のクライアント証明書を設定した「Safety-DRS for サイボウズ リモートサービス」を挿入したパソコンだけが、「サイボウズ リモートサービス」を経由して社内システムへアクセスすることができる。また、「サイボウズ リモートサービス」にアクセスする際にはパソコンの機能を制御し、ファイルダウンロードや印刷などができないようにすることが可能になる。