レッドハット(廣川裕司社長)は、5月22日、Linuxディストリビューション「Red Hat Linux」の成長戦略を発表した。企業向けの「Red Hat Enterprise Linux」事業に力を入れ、今後5年間で3倍以上の規模に拡大させる。

 古舘正清執行役員パートナー・アライアンス営業統括本部長は、「市場環境として、本格的なハイブリッドクラウド時代の到来、デスクトップ環境の変化、IAアーキテクチャーの拡大という三つの追い風が吹いている」と分析した。

古舘正清 執行役員パートナー・アライアンス営業統括本部長

 さらに、「一部の基幹業務はパブリッククラウドに移行してきており、ハイブリッドクラウドが今後の主流。レガシーアプリケーションのオープン化の流れが加速する」と解説した。また、デスクトップ環境もWindowsの独占状態が崩れつつあり、「クライアントがWindowsでなくなれば、サーバーもWindowsである必要はない。今後、データセンターのハードウェアはすべてIAアーキテクチャに統合されていくだろう」として、Linuxがクラウドを支える基盤になるとした。

 会見では、米レッドハットのジム・トットン バイスプレジデント兼プラットフォーム事業部門長がグローバルの戦略を説明。オープンソースのクラウド基盤構築技術である「OpenStack」などをベースに、「クラウド向けの包括的なソリューションを提供していく」とした。また、「OpenStack」関連事業について、「RHELのOSを独自にもっていることが強み。富士通、日立製作所、NECという非常に関係の深いパートナーがいることも、大きな強みだ」と、事業の好調をアピールした。(本多和幸)

ジム・トットン バイスプレジデント兼プラットフォーム事業部門長