レッドハット(廣川裕司社長)は、新会計年度となる3月1日付で、営業部門の組織変更と増強を行う。

 3月からの新年度では、仮想化、ストレージ、クラウドなどの新製品群を拡販。さらに、複数製品を組み合わせたソリューションの提供を拡大していくために、製品主幹部門として「製品・ソリューション事業統括本部」を新設した。本部長には纐纈昌嗣常務執行役員(旧パートナー営業本部長)が就任した。

 また、国内のオープンソースソフトウェアの市場をさらに活性化させ、パートナー企業との協業を強化していくために、パートナーやOEMなどのビジネスに関わる部門を集約して「パートナー・アライアンス営業統括本部」を設置。本部長には、古舘正清執行役員(旧OEM&アライアンス営業本部長)が就任した。