DTS(西田公一社長)は、6月3日、4月にタイ・バンコクに設立した現地法人、DTS IT SOLUTIONS(THAILAND)(高田政和代表)が本格的な営業を開始したと発表した。

 DTSグループの上海、ニューヨークに次ぐ3か所目の海外営業拠点として、タイとその隣国に進出する製造業や流通・サービス業に対して、DTSのITソリューションを提供していく。また、現地パートナー企業との提携を通じて現地での開発受託体制を強化し、ユーザー企業のIT化の推進と事業拡大を支援していく。

 さらに、DTS本社やグループ各社との連携を強化。BIツール「データスタジオ@WEB」や、中国での販売が好調な製造業向け販売管理ソリューション「Ric's」の現地提供も進めていく予定だ。また、日系金融機関の決済ビジネスを軸とするASEAN展開のためのソリューションや、人事・会計を中心とする基幹系ソリューション、情報セキュリティ対策などの提供も計画している。DTSは、バンコク現地法人の売り上げを3年後に3億円規模にすることを目標としている。(真鍋武)