米ニュータニックス(Dheeraj Pandey創業者兼CEO)は、6月27日、コストや性能、拡張性にすぐれ、ほぼすべてのエンタープライズアプリケーションが動作する新プラットフォーム「NX-1000シリーズ」「NX-6000シリーズ」を発表した。

 「NX-1000シリーズ」は、中小規模の企業やブランチオフィス、小売店舗などに向けた統合インフラを導入しやすい価格で提供するとともに、IT管理の負担を大幅に効率化する。Nutanixの他のプラットフォームと同様、データセンター(DC)をよりフラットなアーキテクチャにすることができ、ストレージ専用システムの構築の必要がなくなるので運用負荷を大幅に軽減する。

 ローカルアプリケーションや仮想デスクトップの導入、ファイルや印刷サービス、DHCPやDNSサービス、WAN最適化のためのコントローラ、さらにセキュリティを目的とした仮想アプライアンスまで、ブランチオフィスに必要なサービスすべてを単一のプラットフォームで提供し、他の手法に比べて必要なスペースや消費電力を最大で80%削減する。

 「NX-6000シリーズ」は、統合インフラの単一プラットフォーム上で大容量のストレージリソースを提供、DC向け統合プラットフォーム。大容量のストレージリソースをNutanixクラスタに追加し、ビッグデータプロジェクトやハイエンドデータベース、要件の厳しい仮想デスクトップインフラ(VDI)など、大量のデータセットを必要とするアプリケーションにも対応できる。

 価格は、「NX-1000シリーズ」が1ブロック(4ノード)1000万円から。「NX-6000シリーズ」が1ブロック(2ノード)1980万円から。