セイコーエプソン(碓井稔社長)は、6月27日、業務用小型プリンタの新製品として、無線インターフェースでスマートデバイスから直接印刷ができ、バッテリ(リチウムイオン電池)で稼働するモバイルプリンタ「TM-P60II」を発売した。

 ワイヤレスでスマートデバイスやハンディターミナルからレシートや受領書の発行ができるプリンタ。ラベル印刷にも対応し、小売店での値引きラベルなどを売り場でオンデマンドで発行することもできる。

 無線LANモデルとBluetoothモデルの2モデルを用意する。無線LANモデルはIEEE802.11a/b/g/nに対応し、電波干渉が少ない5GHz帯を利用することで安定した通信を実現する。

 コンパクト設計で、持ち運びはもとより店舗のカウンターにも設置することができる。バッテリは、無線LANモデルが約27時間、Bluetoothモデルが約46時間の長時間連続稼働。耐落下性1.2mの堅牢性を備え、屋外での使用など、ハードな環境でも安心して使用できる。

 ウェブアプリケーションから無線LAN接続でXML送信することで印刷する「Webサービスプリント機能」を搭載。ホスト端末へ印刷用アプリケーションやプリンタドライバのインストールは不要で、OSに依存せず、容易に印刷することができる。iOS/Android端末用アプリケーションに印刷機能を簡単に組み込む開発キットも用意する。

 価格はオープン。セイコーエプソンは、今後1年間で3000台の販売を目標としている。