エス・アンド・アイ(藤本司郎社長)は、ソフトバンクテレコムと韓国KTの合弁会社、kt-SB data serviceが運用管理するハウジングサービスを、初期費用無料で1ラック(44U)税別月額10万円から提供する「レンタルラック・キャンペーン」を実施する。7月1日から12月31日までの申込み限定。

 韓国・釜山にある釜山データセンター(DC)は、ソフトバンクテレコムとKTの共同事業として開設。両社の合弁で設立したkt-SB data serviceが運用管理している。ソフトバンクテレコムとKTが通信事業者としてそれぞれ培ってきた運用ノウハウを融合し、日本と変わらない万全の環境を提供している。DCは、ソフトバンクテレコムが日本から韓国まで拡張した10Gbps×2本の大容量と閉域接続によるネットワークで接続されており、国内と同程度(往復20ms)の低遅延による安定したインフラ環境を整えている。

 韓国は日本と比べて地震の発生が少なく、事業継続に不可欠なIT環境が整備されている。電力供給も安定しており、バックアップサイトや災害復旧(DR)サイトとしての活用に最適だという。さらに、韓国の電気料金は日本の約半分で、1ラック(44U)を月額10万円からという低価格が実現した。

 キャンペーンでは、ラックレンタルの初期費用(20万円)を無料で提供。国際ゲートウェイ接続と国内拠点までにかかる回線費用は別途必要となる。