ニュース

BSP、帳票基盤ツールに日立の帳票ミドルウェアとの連携オプションを搭載

2013/07/31 18:34

 ビーエスピー(BSP、竹藤浩樹代表取締役)は、7月30日、帳票基盤ツール「BSP-RM」の最新バージョンに、日立製作所(中西宏明社長)の帳票ミドルウェアであるPRINT DATA EXCHANGE for Open(PDE for Open)と連携する「BSP-RM/PDE for Open DRV オプション」を新たに搭載したと発表した。

 「BSP-RM」は、文字コードなどプラットフォーム間の違いを吸収できるBSPの帳票基盤ツール。今回、メインフレーム帳票と同様の書式などの資産を使ってオープンプリンタ出力を実現する日立の「PDE for Open」との連携オプションを搭載した。これによって、業務アプリケーションを改修することなく、オープンプリンタにスムーズに移行できる。

 両製品が連携することで、各社のメインフレームから出力される印刷データの受付、大量帳票の仕分け、名寄せなど、メインフレームと同様の帳票出力運用をオープン環境でも容易に実現することができる。

 税別価格は、「BSP-RM for Windows」の基本ライセンス価格が380万円から、「BSP-RM/PDE for Open DRVオプション」が30万円から。
  • 1

関連記事

BSP、ITサービスマネジメントクラウド型サービスをANAグループが採用

BSP、クラウド版ITサービスマネジメントツールの新バージョン

ビーエスピー、帳票基盤ツール「BSP-RM」の最新バージョン

<BCN REPORT>Beaconユーザシンポジウム(上) クラウド前提のシステム運用を考察 30回の節目を迎えた記念イベント

<BCN REPORT>Beaconユーザシンポジウム(下) 課題山積のスマートデバイス利用を研究 新技術を導入して業務に生かす

外部リンク

ビーエスピー=http://www.bsp.jp/

日立製作所=http://www.hitachi.co.jp/

「BSP-RM」=http://www.bsp.jp/products/rm/index.html

「PDF for Open」

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>