日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、ファンや会員向けビジネスのマーケティング活動をトータルに支援するクラウドサービス「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」の提供を9月5日に開始する。

 日立ソリューションズが提供する「ファン活性化サービス」と、ぴあ(矢内廣社長)と協業する「NETチケット販売サービス」で構成。日立ソリューションズの小売業や流通業、金融業などで幅広く培ったCRM(顧客関係管理)のノウハウと、ぴあが長年提供してきたチケット販売のノウハウを結集し、一連のマーケティング活動を支援するサービスを一つのプラットフォームで提供する。

 エンタテイメントやスポーツの興業主、サービス業や小売業の企業は、チケット販売から会員管理、プロモーション、データ分析まで、O2O(オンライン・トゥ・オフライン)マーケティングをトータルに実現し、ファンや会員数の増加、集客力アップ、リピート購買率の向上を図ることができる。また、会員の行動履歴を分析して傾向や特性を把握するカスタマープロファイリングによって、見込み客からファンに育成する効果的なマーケティング施策を打つことができる。

 「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」は、これまでプロスポーツのチームで先行して運用を開始し、ノウハウを蓄積するとともに機能を拡張してきた。日立ソリューションズとぴあは、今後、この経験とノウハウを生かして、ファンや会員向けビジネスを展開する企業に幅広くサービスを提供し、17年度までに総会員数1000万人の獲得を目指す。

 「ファン活性化サービス」の初期費用は、導入/運用計画支援、サービス設定、安定稼働支援の個別見積もり。サービス利用料は、会員データ保管件数に応じた従量課金制と月額料金固定制がある。このほか、会費を徴収している場合は、会費支払いのために決済代行サービス「ぴあ会費チケット決済サービス」を別途契約する必要がある。

 「NETチケット販売サービス」の初期費用は、導入/運用計画支援、サービス設定、安定稼働支援の個別見積もり。サービス利用料は、チケット販売手数料の従量課金制で、別途「ぴあ票券管理サービス」を契約する必要がある。