キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、浅田和則社長)は、パソコンの盗難や紛失時の情報漏えいを防ぐ認証・暗号化セキュリティツール「CompuSec(コンピュセック)」シリーズのラインアップと価格体系を変更し、9月12日に販売を開始した。

 法人向けライセンス製品は「CompuSec Standard Edition」と「CompuSec Basic Edition」に、個人向け製品は「CompuSec SW」と、顧客の導入規模に応じた3種類に集約した。

 「CompuSec Standard Edition」は、クライアント暗号化ソフト「CompuSec SW」と管理ツール「GlobalAdmin Lite」をセットにした新製品。クライアントの一元管理が必要な、中・大規模の法人向けライセンス製品となる。「CompuSec Basic Edition」は、必要最小限の機能をもち管理ツールが不要な小・中規模の法人向け製品(既存品)。今回の変更でライセンス数に応じた価格帯を設定した。「CompuSec SW」は、個人/SOHO向けのパッケージ/ダウンロード製品(既存品)。新たにWindows 7の64bit版に対応した。

 税別価格は、「CompuSec Standard Edition」(5~19ライセンス)が1万2500円/ライセンス、管理ツールが20万円。「CompuSec Basic Edition」(5~19ライセンス)が8000円/ライセンス、「CompuSec SW」パッケージ版が1万2800円、ダウンロード版が9800円。

 「CompuSec」は、モバイルPCやデスクトップPCを対象にした個人認証・暗号化セキュリティツール。OS起動前に行うプリブート認証によって、第三者のPC起動を防止する。また、AES 256ビットのアルゴリズムを用いたハードディスクの丸ごと暗号化によって、ハードディスクを取り外されても、そのデータの解析はできない。OSとPCの間に専用の暗号化ドライバを配置することで、ユーザーはデータの暗号化/復号を意識することなくPCを使用できる。