三井情報(MKI、齋藤正記社長)は、アマゾンウェブサービス(AWS)を利用したクラウドサービス「Type CLOUD for AWS」の付加価値向上を目的にトレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)と協業し、トレンドマイクロのセキュリティ製品と「Type CLOUD for AWS」を組み合わせて提供する。ユーザーは、「Type CLOUD for AWS」上に保管するデータの重要度に応じたセキュリティ対策ができるようになる。

 MKIの「Type CLOUD for AWS」は、AWSを利用して日本の商習慣に合わせたクラウドサービス。新たなセキュリティ対策として、トレンドマイクロの「Trend Micro SecureCloud」と「Trend Micro Deep Security」を採用した。鍵管理によるアクセス制御や、サーバーに必要なセキュリティ機能を一括で提供することで、ユーザーのセキュリティ要件に対応する。

 暗号化については、事前にアプリケーション部分まで含めたパフォーマンス検証を行うことで、ユーザーに快適なクラウド環境を提供する。