三井情報(MKI、齋藤正記社長)は、ストラトスフィア(浅羽登志也社長)のネットワーク仮想化プラットフォーム製品「Stratosphere SDN Platform(SSP)」を利用したSDNソリューションの提供を、6月11日に開始した。

 S稼働中のネットワークを置き換えることなく、SDNと既存ネットワークが混在するハイブリッド環境でSDNのメリットを提供。さまざまな仮想化技術、各種ネットワークプロトコルを幅広く統合するオープンプラットフォームによって、サーバー仮想化製品をはじめ、広く利用されている製品への対応を予定する。

 さらに、エンドユーザーやサービスプロバイダ向けに、それぞれのニーズに合わせたAPIの提供を目指す。とくにサービスプロバイダにとっては、独自サービスの構築・提供が可能になる。