NTTコミュニケーションズ(NTT Com、有馬彰社長)は、プライベートイベント「NTT Communications Forum 2013」を、10月24・25日の2日間にわたって開催している。24日の基調講演では、有馬社長がNTT Comの「グローバルクラウドビジョン2013」を中心に、これまでの取り組みと今後の展開について説明した。

 有馬社長は、「グローバルクラウドビジョン2013」での主な取り組みとして、通信事業者ならではのクラウドやグローバルでのサービス提供の強化や、ネットワーク仮想化技術などに力を注いでいることを説明したうえで、「今後も、ユーザー企業に新たな価値を提供していく」と、最新のネットワーク技術を駆使してグローバルで高品質のクラウドが提供できることをアピールした。

有馬彰社長

 データセンターについては、準備中のものを含めて世界100都市150拠点に設置。クラウドサービスについては、世界12拠点で提供している。有馬社長は、「グローバルで事業を拡大する体制整備が着々と進んでいる」と自信をみせた。

 また、ユーザー企業がシステムやネットワークをクラウド中心のアウトソーシングに移行しつつある環境を見据え、「ユーザー企業のICT環境改革に寄与していきたい」と訴えたほか、「さまざまなベンダーとパートナーシップを深めてクラウドソリューションを展開していく」という方針を示した。(佐相彰彦)