インターネットイニシアティブ(IIJ、勝栄二郎社長)は、島根県松江市で稼働中のコンテナ型データセンター(DC)松江DCパークの拡張工事を完了し、11月12日に運用を開始した。同時に、ユーザー企業のIT機器を預かるハウジングスペースを敷地内に新設し、「IIJデータセンターサービス」として、12月1日にサービスの提供を開始する。

 松江DCパークは、外気冷却コンテナユニットによる商用DCとして、11年4月にオープンした。外気冷却を採用することによって、消費電力を従来型DCと比べ40%削減した省エネ型センターで、主にクラウドサービス「IIJ GIOサービス」のファシリティとして活用されている。

 IIJは、拡大が見込まれるクラウド需要に対応するために、13年4月から約半年間をかけて拡張工事を行い、敷地面積とコンテナ設置スペースを2倍に拡張した。今後、サービスの需要に応じて、コンテナモジュール「IZMO(イズモ)」を段階的に増設していく。(ゼンフ ミシャ)