日立システムズ(高橋直也社長)は、スマートグリッド(次世代送電網)などの高度化したスマートシティの制御、プラントや設備機器の遠隔監視、テレメーター(遠隔測定システム)やテレマティクス(車載情報システム)など、さまざまな用途でグローバルに対応する「NETFORWARD M2Mサービス」の提供を、11月20日に開始した。

 マルチキャリアで構成されるグローバル対応のM2M(マシン・トゥ・マシン)ネットワークの計画策定から、関連する設計、構築、運用、保守までをトータルにサポートするサービス。長年のサービス提供で培ったネットワーク設計・構築ノウハウや、「NETFORWARD 国際ネットワークサービス」の提供を通じて関係を深めた海外通信キャリアとの連携によって、200を超える国と地域に低コストでネットワーク回線を提供する。煩雑な海外通信キャリアとの契約・課金なども代行する。

 「仮想化統合監視・運用サービス」を併用することで、M2Mネットワークを24時間365日監視。自社のサービスや日立グループが提供するM2M関連プラットフォーム、デバイス、業務アプリケーションを組み合わせることで、顧客に最適なM2M環境をトータルで提供する。

 日立システムズは、M2Mネットワークを通じたデータの収集・蓄積だけでなく、ビッグデータ分析や利活用までサービスを拡充していく予定。これらのサービスと、関連するクラウド事業や社会インフラ事業などによって、2015年度末までに累計25億円の販売を目指す。