ディアイティ(下村正洋社長)は、米ワイルドパケッツの新パケットキャプチャアプライアンス「Omniplianceシリーズ」を、14年1月1日に発売する。

 20Gbpsの高速・大容量ネットワークをパケットロスすることなく完全キャプチャすると同時に、リアルタイム解析を実現するパケットキャプチャアプライアンス。最大20Gbpsネットワークをパケットロスすることなく完全にキャプチャして保存できるので、セキュリティアラートが発生した際に、リアルタイムに、また過去にさかのぼって解析することで、サイバー攻撃の発生を証明することができる。

 シリーズには、最大20Gbpsネットワークを完全保存する「Omnipliance TL」、最大8.8Gbpsに対応する「Omnipliance MX」、最大3.8Gbps対応の「Omnipliance CX」の3機種があり、通信容量に応じて選択できる。例えば、「Omnipliance TL」2台とマトリックススイッチを組み合わせることで、40Gbpsネットワークを分散して完全保存することもできる。また、長期の大容量保存の要望に応じるため、SANを利用して外部のストレージに保存することもできる。

 税別価格は、「Omnipliance TL」が990万円から、「Omnipliance MX」が560万円から、「Omnipliance CX」が210万円から。