セイコーエプソン(碓井稔社長)は、会計システム向けオールインワンサーバー「インターKXシリーズ」の新製品として、会計データの確実な処理・高速バックアップを実現するネットワークモデル「MS9000」と、SSDを搭載し、高速化を追求したスタンドアローンモデル「MS5000」の2機種を4月7日に発売する。

 「MS9000」は、最新のクアッドコアプロセッサ「Intel Xeon E3-1220v3」と最新OSの「WindowsServer 2012 R2」を搭載し、会計業務を高速・安定的にサポート。メモリは標準で8GBで、クライアントPCからの同時アクセスや複数の会社データを開くなどの高負荷処理にも対応する。最大32GBまで増設ができるので、顧問先の拡大による会計データ量の増加や従業員の増加によるクライアントPCの台数増設にも柔軟に対応することができる。

 ハードディスクは、耐久性を考慮して設計された「SASハードディスク」で、データ更新処理などの高負荷処理も安全に行うことができる。また、RAID1のホットプラグ対応で、サーバー起動中でも障害が発生したハードディスクを簡単に交換できるので、会計業務を止めずに復旧できる。「リムーバブル ハードディスク」(RDX)によって、従来のDAT72(テープ)の約3倍量、上限200GBまでの会計データをバックアップでき、従来機「BS7705」搭載のテープドライブと比較して、バックアップ時間を約85%短縮した。

 「MS5000」は、第4世代のIntel Core i7プロセッサ、高速・省電力の256G SSD、4GBメモリの標準搭載(最大8GB)など、最新のハードウェアスペックによって、OS起動開始からエプソンメニュー起動完了までの時間を従来機「MS3701」から約2.5倍高速化した。二つのビデオコネクタを標準搭載し、2台のモニタに異なる情報を表示しながら作業するマルチモニタに対応。前年のデータを確認しながら当年データを入力するなど、効率よく作業できる。

 税別価格は、「MS9000」が286万3000円から、「MS5000」が148万円。エプソンは、今後1年間で約1000台の販売を予定している。