ネットワールド(森田晶一社長)は、1月15日、既存のネットワーク機器をそのまま使い、ソフトウェアでネットワークの構成・制御を柔軟に行うSoftware-Defined Networking(SDN)を実現するクラウド(IaaS)事業者向け管理ソフトウェアの最新版「Anuta nCloudX 2.0」を発売した。

 「Anuta nCloudX」は、スイッチやルータ、負荷分散機器、ファイアウォールなどの既存のネットワーク機器をそのまま利用することができる。クラウド事業者は、グラフィカルな画面でネットワーク機器を抽象化したアイコンから、ネットワークサービスを設計してカタログ化し、クラウドユーザーが業界標準のネットワーク技術(REST API)を使ってカタログから選んだサービスを指定すると、それを提供するための各種ネットワーク機器の設定を「Anuta nCloudX」が自動的に実行する。

 最新版では、ジュニパーネットワークスの「Juniper SRX」、F5ネットワークスの「BIG-IP Local Traffic Manager(物理&仮想双方)」と「VIPRION」、ブロケードコミュニケーションズシステムズの「Brocade MLX/VDX」など、対応するネットワーク機器を拡充。また、連携できるクラウドプラットフォームとして、従来の「VMware vCloud Director」のほかに、オープンソースの「CloudStack」と「OpenStack」を加えた。

 さらに、米ブリティッシュコロンビア大学、大手サービスプロバイダ、金融機関など、海外の大手ユーザーからの要望に応えて、新たにテンプレートスクリプト機能やIPアドレス管理機能、サービスオーダーワークフロー、動的サービスプロビジョニングなどの機能を拡充した。

 税別価格は、月額3500円/ポートプロファイル。ネットワールドでは、3年間で20億円の販売を目指す。

 ネットワールドは、今後、顧客やパートナー向けに昨年開設した複合システム検証センター「GARAGE」と、製品出荷前に稼働検証を行うプリ・インテグレーションセンター「PIC(Pre Integration Center)」で、「Anuta nCloudX 2.0」を利用し、両センターの利便性を高めると同時に、充実した機能や導入効果を実証することで販売を強化していく。