IT調査会社やIT関連メディア、ITベンダーなどの有識者19人で組織するITACHIBAは、2月14日、東京・日本橋の国際箱崎ビルで、IT業界の未来を討議するイベント「第1回 ITACHIBA会議」を開催する。

 「今、問われるIT部門・SI事業者の存在意義~IT部門は必要なのか? SI事業者は何をすべきか?~」をテーマに、調査会社やユーザー企業、SI事業者の有識者が、それぞれの視点から現状や課題について講演。講演者によるパネルディスカッションや、参加者を交えたグループディスカッションを実施する。

 開催は15:00~19:00で、参加費は無料。定員は50人で、ユーザー企業、ITベンダー、SI事業者など、立場に関係なく参加できる。