NTTソフトウェア(NTTソフト、山田伸一社長)は、企業向けクラウド・セキュリティ製品「TrustBind/Secure Gateway」の対応範囲をセールスフォース・ドットコムの新クラウドプラットフォーム「Salesforce1」に拡大し、あらゆるデバイスからのSalesforce使用に対応した新バージョンを2月3日に発売する。

 「Salesforce1」は、「API First」の設計思想によって、高品質なモバイルアプリケーションを高速に作成することができるので、ユーザーはスマートデバイスからでもパソコンと同じようにSalesforceを利用した業務を行うことができるようになる。NTTソフトは、「TrustBind/Secure Gateway」利用者からスマートデバイス対応要望が数多く寄せられたことから、市場の大きな転換点と捉えてSalesforce1対応を実施した。

 新バージョンは、モバイルアプリケーションからSalesforce1のAPIでセールスフォースを利用する場合にも、保存する機密情報の暗号化/復号を実現。従来のブラウザやシステム間連携からのデータ保存に加えて、スマートデバイスからでも同等の安全性を保つことができ、Salesforce1で実現するさまざまなビジネスシーンに対応する。

 従来はデータ項目単位で検索やソートにも対応した暗号化/復号によって、クラウド上でのアプリケーションの利便性を損なわずに機密情報の安全性を確保していた。新バージョンは、これに加え、要望が多かったファイルの暗号化/復号に対応。とくにChatterなどのモバイルアプリケーションでは、添付するファイルの暗号化に対応することで、スマートデバイスを活用するビジネスへの適用可能性が高まる。

 モバイルアクセスは、IDとパスワードだけの単一要素認証が一般的だが、IDとパスワードが、万が一、外部に漏えいした場合、第三者によって重要な企業情報にアクセスされる危険が高まる。「TrustBind/Secure Gateway」は、スマートデバイス活用では機密情報の暗号化/復号に加えて端末認証対応を行うことで、認証された端末だけからのアクセスに限定するので、安全性が高まる。

 今後は、NTTソフトウェアのセキュリティ製品との連携や、セキュリティインテリジェンス機能の追加で、クラウド環境利用時のセキュリティを総合的に提供する。また、Salesforce以外のクラウドサービスにも対応を拡大する。価格は、1IDあたり月額1000円。