スタジオ・アルカナ(鎌田学社長)は、2013年11月に発売したブラウザ上で利用できる高機能議事録ツール「SIGN」の全機能について、2月に無償での提供を開始する。

 「SIGN」は、アルカナの社内会議で議事録を取ることの難しさを感じていたスタッフが、その体験をもとに使いやすさを追求して開発した国内初のブラウザベースの議事録特化型ツール。会議では、議題が曖昧なまま始まったり、話が脱線したりして、決定しなければならないことがわからなくなってしまうことが多い。「SIGN」は、「見やすさ」「操作感」「情報の整理」「情報の共有」を追求し、合理的な会議をサポートする。

 今回、全機能を無償で提供することによって、15年9月までに3万ユーザーの登録を見込んでいる。