NTTソフトウェア(NTTソフト、山田伸一社長)は、これまで培ってきたクラウドコンピューティングとビッグデータに関する基盤技術を迅速にビジネス化して市場に投入する新体制を、4月1日にスタートする。

 クラウド分野では、新たにクラウド事業部を設置。ユーザー企業のビジネス課題にもとづいてコンサルティングを行い、セキュリティを重視したプライベートクラウド環境と、経済性を求めるパブリッククラウド環境を組み合わせて適材適所で利用するハイブリッドクラウド環境の構築・運用・保守を行っていく。このため、サーバー、ネットワーク、ストレージなどの資源の仮想化によって、柔軟に、効率的な運用を実現する次世代ITインフラ、Software-Defined Infrastructureに取り組み、強みであるセキュリティとモバイルを生かしたクラウドサービスの提供を目指す。

 ビッグデータ分野では、メディア事業部が従来取り組んできた音声・映像などに関する大量データ処理に加えて、リアルタイム分析基盤「Jubatus(ユバタス)」などの高度な分析技術を活用することによって、ビッグデータから新たな価値を生み出すソリューションを提供していく。