エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、2月20日、インテルが提供する組込み/モバイルシステムの開発/最適化支援ツール・スイートの最新バージョン「インテル System Studio 2014」の販売を開始したと発表した。

 「インテル System Studio」は、組み込み/モバイルデバイス向けに、すぐれた電力効率やパフォーマンス、信頼性を提供するソフトウェアの開発ツール・スイート。インテル Atom プロセッサ、インテル Core プロセッサ・ファミリー、インテル Xeon プロセッサを搭載したLinuxベースの組込み機器や、Androidデバイス向けのソフトウェア開発と最適化を支援して、開発期間を短縮し、生産性を向上する。また、C、C++、アセンブラ言語をサポートするとともに、GNUのクロスビルドに対応しており、EclipseやYocto Projectなどのアプリケーション開発ツールキットに統合できる。

 新バージョンでは、LinuxだけでなくWindowsホストOSでも開発を行うことができるようになった。ターゲットは、Linuxに加えてTizen IVI、Androidシステムを新たにサポートし、Eclipse IDE、クロスビルドなどの機能を拡張している。

 インテルソフトウェア開発製品の代理店であるフラットーク(樫平扶代表取締役)では、「インテル System Studio 2014」がサポートするJTAGデバッガーの「インテル ITP-XDP」と「インテル System Studio 2014」をバンドルして販売する。

 税別価格は、「インテル System Studio 2014」が25万7000円、「インテル System Studio 2014 JTAGデバッガー同梱」が37万4000円。