日立システムズ(高橋直也社長)は、クラウド事業強化の一環として、アマゾンウェブサービス(AWS)連携ソリューションを大幅に拡充し、ハイブリッド環境でのクラウドサービスを強化すると発表した。

 拡充するソリューションは、独自のハイブリッド環境向け監視・連携サービス「AppBridge統合監視サービス」を活用し、AWSと日立システムズのデータセンター(DC)やクラウド/オンプレミス環境を効果的に組み合わせて提供するサービス。具体的には、「クラウドアセスメントサービス」や「クラウドマイグレーションサービス」「DR対策クラウドバックアップサービス」など、合計8個のサービスから成り、4月から順次発売する。

 これによって、最適なクラウド構成の検討からマイグレーション、ERP構築、DR対策、ログによる監査証跡対応、運用・監視サービスまで、幅広くサポート。今後、日立システムズは、AWS連携ソリューションをはじめとしたハイブリッド環境でのクラウドサービスの強化によって、中期経営計画で掲げる15年度の売上高5000億円、クラウド事業売上高比率20%の達成を目指す。

 なお、今回のAWS対応ソリューションの拡充は、ハイブリッド環境でのクラウドサービス強化の一環で、今後も各種基幹業務ソリューションや、運用サービスのAWS対応を進める。あわせて、セキュリティや業務特性などの関係で、引き続きDCやオンプレミス/クラウドを組み合わせてシステム運用を続ける顧客をサポートできるよう、ハイブリッド環境でのクラウドサービスの拡充に取り組んでいく。