日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、Microsoft.NET Frameworkをベースとしたアプリケーション開発に必要な各種機能を提供するフレームワーク「Open棟梁」を、オープンソース・ソフトウェア(OSS)として、4月23日に公開した。また、日立ソリューションズが中心となって、OSSコンソーシアムに普及に向けたコミュニティとして「.NET開発基盤部会(仮称)」を7月初旬に発足させる。

 「Open棟梁」は、アプリケーション全体のアーキテクチャを統一する標準アーキテクチャ、入出力処理やデータベースアクセスなどの定型的な機能、開発ツール、テンプレートなどを提供し、高品質のアプリケーション開発を実現するフレームワーク。日立ソリューションズは、「Open棟梁」を受託開発やプロダクト開発、小規模部門システムから大規模基幹システムまで、約70件の開発案件に適用したノウハウを集約している。

 今後、OSSコンソーシアムで、部会設立準備ワーキングループ(WG)が「.NET開発基盤部会(仮称)」の発足に向けた活動を開始する。ここでは情報交換と機能拡充に向けたコミュニティ活動を通して、急速に進化するIT技術に対応したOSSを目指す。部会設立準備WGは、「Open棟梁」をソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスであるGitHub上で公開している。