関電システムソリューションズ(KS-SOL、田村和豊社長)は、30ユーザーからの小規模から導入できる低価格のクラウド型デスクトップサービス(DaaS)を、7月に提供する。

 クラウド基盤上に仮想的にデスクトップ環境を作成し、ネットワーク経由で利用できるサービス。IT部門の端末運用管理の業務を削減できるほか、情報漏洩リスクの低減、災害時などの事業継続対策としても有効に活用できる。海外のどこからでも、パソコンやタブレット端末、スマートフォンから接続でき、利便性・機動性が向上する。

 初期費用は0円で、低価格の月額料金で必要とする台数から手軽に導入できる。KS-SOLのデータセンターサービスを利用している顧客には、「DCセット割」も用意する。

 顧客の環境・要望に合わせた最適なトライアル環境を提供。実際にサービスを試したうえで契約できる。すでにKS-SOLやグループ会社で、海外拠点を含む1000台規模で先行運用。バックアップサービスや24時間365日の問い合わせサービスも標準で対応しているので、安心して利用できる。