データ・アプリケーション(DAL、橋本慶太社長)は、EDI(電子データ交換)パッケージ・ソフトウェア「ACMSシリーズ」の最新版「バージョン4.1」を5月30日に発売する。

 最新版は、企業内外のシステムとアプリケーションをシームレスに連携するB2Bインテグレーション・サーバー「ACMS E2X」と、企業間のデータ連携環境を容易に構築できるB2Bサーバー「ACMS B2B」の2製品。欧州の自動車業界でデータ交換用プロトコルのデファクトスタンダードになっているOFTP2(Odette File Transfer Protocol 2)に準拠した通信機能を実装し、欧州自動車標準化団体ODETTEによる相互運用試験「OFTP2 Software Interoperability Testing」に合格。国内製品で初めてOFTP2準拠ソフトウェアとして正式に認定されている。

 税別価格は、「ACMS E2X 4.1」が150万円から、「ACMS B2B 4.1」が100万円から。オプションのOFTP2手順(OFTP2準拠の通信機能)が50万円から。DALは、最新版で自動車業界への販売をとくに強化する計画で、 まずは自動車部品メーカーのEDI構築に多くの実績をもつパートー各社との協業によって、ACMSと帳票・ラベル印刷ソフトウェアなどを組み合わせて、ソリューションとして提供する予定。