ディアイティ(下村正洋社長)は、英Ekahauの無線LANサイトサーベイツール「Ekahau サイトサーベイ」の最新バージョン「7.5」と、アンドロイド端末で利用できる「Ekahau Mobile Survey」を6月1日に発売する。

「Ekahau サイトサーベイ」の画面

 「Ekahau サイトサーベイ バージョン7.5」は、ユーザーがより効率的にサイトサーベイができるように、複数のUSBアダプタの利用、スキャンデータの比較やマージなどの便利な機能を新たに追加。USBアダプタを3個使用して、2.4GHz、5GHz W52/W53、5GHz W56をチャネル別にスキャンすることができる。

 過去のスキャンデータと最新のスキャンデータを同時に表示できるようになり、差異の把握が容易になった。さらに、複数のスキャンデータを同一マップ上でマージして、広範囲にわたるサイトサーベイを複数台で実施できる。

 「Ekahau Mobile Survey」は、アンドロイド端末(2.1以上)にインストールするだけで、簡易の電波環境調査ができるアプリケーション。突発的なトラブルの発生時など、スキャン用のPCが用意できない状況下でも、迅速な現場調査と対応ができる。アンドロイド端末で取得したデータは、「Ekahau サイトサーベイ」に移行することで、より詳細にデータ解析を行うことができる。

 税別価格は、「Ekahau Site Survery Standard」が35万円(初年度フリーアップグレードつき)、「Ekahau Site Survery Professional」が69万円(初年度フリーアップグレードつき)、「Ekahau Mobile Survey」が5万2000円。