ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、日本マイクロソフトが2月25日に発表したクラウドサービス「Windows Azure」の日本データセンター(DC)開設に合わせて、Windows Azure上で構築したリモートデスクトップサービス「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」の提供を3月20日に開始する。

 「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」は、「Windows Azure」を基盤として提供する日本国内初のデスクトップサービス。企業ごとにデスクトップ環境を用意するので、利用企業の事業規模やビジネスサイクルに合わせて拡張することができる。さらに、ビットアイルが提供するクラウドサービスなど、他のサービスとの連携にも対応する。「Windows Azure」の仮想ネットワークを使ったセキュアなVPN、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを含めたマルチデバイスの対応も実現する。

 また、ハードウェア、ソフトウェア、インフラをユーザー側で用意する必要がないので、低コスト・短納期や短期利用を実現。デスクトップ環境は、Windows Server 2012 R2上で提供する。

 税別価格は、DaaS型のサービス利用料が1ユーザーあたり初期費用5000円、月額費用4000円。システム提供型は、システム利用料が初期費用10万円から、月額費用15万円から、サービス利用料が1ユーザーあたり初期費用5000円から、月額費用4000円から。