リード エグジビション ジャパン(石積忠夫社長)は、「第1回 ワークスタイル変革 EXPO」を7月16~18日の3日間にわたって東京ビッグサイトで開催する。ワークスタイル変革に特化したイベントは、同社にとって初の試みだ。

 IT関連の製品・サービスを導入するユーザー企業を取り巻く環境は、これまで以上にコストの削減や生産性の向上、営業力の強化が求められている。そんななかにあって、このイベントでは、テレワーク支援をはじめ、ペーパーレスやワークプレイスの構築、会議ソリューションなどを出展企業が披露する。スマートデバイスや社内コミュニケーションの向上など、業務で必要不可欠となりつつある話題性のある製品・サービスも出展される予定だ。

 セミナーでは、特別講演として、日本マイクロソフトの樋口泰行社長が「日本マイクロソフトのワークスタイル変革への取り組み」と題して、社内で実施したさまざまな変革で得られた成果などを紹介する。社員一人ひとりのポテンシャルを最大化して、ビジネスパフォーマンスを改善した経緯の紹介を予定している。

 来場者は、経営企画や情報システム、総務や人事などに携わるユーザー企業の担当者を想定。出展社と来場者が商談できる場も設ける。

【開催日】7月16日(水)~18日(金)
【会場】東京ビッグサイト 西1~4ホール
 東京都江東区有明3-11-1
【同時開催】
 第9回 オフィスセキュリティ EXPO OSEC
 第8回 オフィス防災 EXPO
 第5回 エコ オフィス/エコ 工場 EXPO
 第4回 オフィスサービスEXPO
 第2回 HR EXPO ~人事労務・教育・採用支援展~