日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は7月30日、文書管理プラットフォーム「活文」のコンセプトや製品体系を一新し、文書や図面データ、帳票、画像など、ビジネスで発生するさまざまなコンテンツ(ビジネスコンテンツ)を、クラウドやモバイルなどのIT環境に依存せず、セキュアな環境で自在に活用するソリューションを提供すると発表した。

 また、新「活文」の中核となる企業や組織を越えたグローバルなコラボレーションを支援する情報共有基盤「活文Managed Information Exchange(活文MIE)」を9月1日に、プロジェクトメンバーの自由なコミュニケーションをリアルタイムに実現する「活文 Team Idea Sharing(活文TIS)」を8月1日に発売する。

 日立ソリューションズは、「活文」のコンセプトを「ビジネスコンテンツを自在に活かし、お客様のビジネスイノベーションに貢献します」に一新し、ビジネスコンテンツに関わる商品群を統合。ビジネスコンテンツとコミュニケーションを一元管理するコラボレーション基盤から、コンテンツの管理、セキュアな環境など、コンテンツを自在に活用し、企業の経営課題や価値共創をトータルに支援するソリューションの提供を開始する。

 新製品の「活文MIE」は、「組織の壁によるコミュケーション不足や情報共有の漏れ」「増え続けるコンテンツの管理」「国境の壁によるデータ転送の手間」「情報漏えいの不安」など、さまざまな障壁を解消し、効率的な共創作業を実現するワークスペースを提供。すでに社内コラボレーションの目的で導入済みのシステム、例えばMicrosoft SharePointなど、他商品とも連携する。

 「活文TIS」は、メンバーのタブレット端末に図を読み込んだり、書き込んだ情報をその場で共有したりできる。画面に手書きで書き込むことで、細かいニュアンスまで伝えることができる。また、専用アプリケーションに書き込んだ情報を、サーバーやクラウドを利用することなく、リアルタイムに共有できる。

 価格はいずれもオープン。日立ソリューションズは、今後も新しい「活文」を軸に最新のITに対応し、商品ラインアップを拡充。ビジネスコンテンツ事業の拡大を推進し、16年度までに150億円の売上げを目指す。