双日システムズ(南部匠代表)は、8月4日、アプリケーションを仮想化し、最新のIT環境構築をサポートするアプリケーション仮想化ソリューション「Spoon」の提供を開始した。

 米Code Systemsが開発した「Spoon」は、レガシーアプリの移行などを短期間・低コストで実現するツール。アプリケーションの動作に必要なレジストリ情報やシステム情報をOSから切り離し、EXE形式の実行ファイルにカプセル化して、独立した動作ができる。

 柔軟なライセンス体系によって、アプリケーションベンダーやクラウドベンダーと連携し、オンプレミスからクラウド環境まで、各種のデスクトップアプリケーションの実行をサポートする。

 双日システムズは、2015年7月15日でサポートが終了するWindows Server 2003対策に向けた新たな移行支援サービスとして「Spoon」を本格展開。サービスラインアップを強化するとともに、ユーザー企業の仮想化移行を幅広く支援する。