ニュース

双日システムズ、アプリケーション仮想化ソフト「Spoon」の提供を開始

2014/08/04 18:50

 双日システムズ(南部匠代表)は、8月4日、アプリケーションを仮想化し、最新のIT環境構築をサポートするアプリケーション仮想化ソリューション「Spoon」の提供を開始した。

 米Code Systemsが開発した「Spoon」は、レガシーアプリの移行などを短期間・低コストで実現するツール。アプリケーションの動作に必要なレジストリ情報やシステム情報をOSから切り離し、EXE形式の実行ファイルにカプセル化して、独立した動作ができる。

 柔軟なライセンス体系によって、アプリケーションベンダーやクラウドベンダーと連携し、オンプレミスからクラウド環境まで、各種のデスクトップアプリケーションの実行をサポートする。

 双日システムズは、2015年7月15日でサポートが終了するWindows Server 2003対策に向けた新たな移行支援サービスとして「Spoon」を本格展開。サービスラインアップを強化するとともに、ユーザー企業の仮想化移行を幅広く支援する。
  • 1

関連記事

中京銀行、日本IBMと双日システムズ、日本電通の協力でPC1500台を刷新

双日システムズ クラウド型DRに手応え 復旧速度と低コストが好評

<営業マネージャーたちの最前線 陣頭指揮で部下を動かす>31.上には口うるさく、部下にはやさしく

【2012年 年頭所感】 双日システムズ

【2011年 年頭所感】 双日システムズ

外部リンク

双日システムズ=http://www.sojitz-sys.com/

「spoon」=http://www.sojitz-sys.com/solution_service/virtualization/spoon/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>