大塚商会(大塚裕司社長)が、Adobe Creative Cloudの販売・サポート体制を強化する。アドビシステムズが提供するAdobe Creative Cloudグループ版を、月額での支払いに対応する「たよれーる Adobe Creative Cloud」として、9月1日から販売する。

 従来のAdobe Creative Cloudグループ版の機能、提供サービスに、法人決済による月ごとの支払い、年4回のエキスパートサービス、ユーザー管理画面(アドミンコンソール)の問い合わせ窓口の設置などを加え、大塚商会独自のサービスとして提供するもの。

 従来、Adobe Creative Cloudを月額支払いで購入するには、アドビのウェブサイトでのクレジットカード決済が必要だったが、「たよれーる Adobe Creative Cloud」は、締め支払いといった法人決済による月額支払いに対応した。従来の年間一括払い、クレジット決済とあわせて、顧客に最適な購入方法を提供する。また、自動更新で、1年ごとに必要な更新手続きが不要なので、担当者は更新注文の手間を省くことができる。

 Adobe Creative Cloudコンプリートプランを購入した場合、通常、アドビから業務効率アップの方法など、直接コンサルティングを受けることができる年2回のエキスパートサービスを、「たよれーる Adobe Creative Cloud」コンプリートプランでは年4回提供。また、通常はエキスパートサービスがないAdobe Creative Cloud単体プランも、「たよれーる Adobe Creative Cloud」単体プランでは年2回利用することができる。

 アドビが顧客に提供する管理画面「アドミンコンソール」に関する専用の問い合わせ窓口を、大塚商会「たよれーるコンタクトセンター」内に設置。技術的な問い合わせは、製品に付属しているゴールドサポートで、無料でアドビ窓口に相談できる。税別価格は、月額7500円。大塚商会は、年間で1万ライセンスの販売を目指す。