富士通システムズ・イースト(石川享社長)は、10月2日、メインフレームで構築したレガシーシステムから脱却し、市場の変化や企業戦略の変革に俊敏に適用できるオープンシステムへの移行を実現する「FUJITSU Application Management and Outsourcing メインフレームリホストソリューション」の提供を開始した。

 リホストツールを活用して、メインフレーム環境で運用している業務アプリケーション資産(プログラム言語であるCOBOLやPL/I、データ制御言語であるJCL、画面/帳票などの定義体)を修正することなく、Windows/Linux/UNIXのいずれかのオープンプラットフォームへ移行するサービス。

 ユーザー企業はメインフレームからの移行コストを抑制し、短期間でミッションクリティカルなシステムの安定稼働と運用コストの削減を実現できる。さらに、他オープンシステムとの共通開発や連携など、システムの拡張性を確保できる。また、富士通システムズ・イーストのメインフレーム移行スペシャリストの最新移行技術と、最適なクラウド環境構築技術を駆使することで、クラウド環境にスムーズに移行し、安価にBCP(事業継続計画)対策を実現する。

 価格は、移行対象資産による個別見積もり。