日立製作所(日立、東原敏昭社長)は、トヨタ自動車の中国市場向け自動車開発拠点であるトヨタ自動車研究開発センター(中国)(TMEC、内山田竹志董事長)に、SaaS型企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」の提供を開始した。

 TMECは、中国生産車の量産に向けた試作開発車の部品調達を管理している。従来は、注文データの作成から発注、納期回答、出荷までの一連の調達業務をExcelやメール、電話を活用して人手で行っていたが、発注量の増加に伴って、各工程で作業遅延が生じていた。

 そこで、TMECと九つの生産拠点、サプライヤー、物流会社が、一連の調達・物流の業務プロセスを共通して管理できるシステムを日立の「TWX-21」上に構築。各拠点で発注内容と進捗状況をリアルタイムに確認・一元管理することによって、調達・物流業務を効率化した。すでにTMECでは、進捗状況の把握にかかる時間を従来の約20分の1に低減するなどの成果が出ている。

 現在、TMECは、サービスを約400社のサプライヤーとの調達業務に利用。今後は1000社に拡大する予定だ。

TMECが導入したシステムの概要