ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は、Linuxサーバー用のディザスタリカバリソフトで、Red Hat Enterprise Linux 7とCentOS 7に対応した「ActiveImage Protector 4.5 Linux Edition」を10月29日に発売する。

 「ActiveImage Protector Linux Edition」は、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を実装したセクターバックアップ/ディザスタリカバリソフト。重複排除機能、増分バックアップ機能を搭載することで、バックアップ作業の効率化とバックアップ時間の短縮、バックアップ容量の大幅な削減を実現した。

 最新バージョンは、Red Hat Enterprise Linux 7とCentOS 7に対応。最近のLinuxで広く使われているジャーナリング機能をもつファイルシステムXFSと、Linuxのシステムサービスマネージャーのsystemdをサポートした。

 また、プロファイルベースのオフサイトレプリケーションを追加。バックアップしたファイルを他の保存先にレプリケーション(複製)できる。レプリケーション先として、ローカルフォルダ、ネットワーク共有フォルダ(CIFS)、WebDAV(HTTP/HTTPS)、FTP、SFTP、Amazon S3(要AWSCLI)を選択できる。

 XFSのデータボリュームのスマートセクターバックアップに対応、バックアップ後のシャットダウンや再起動の自動化、新しいLinuxベースのActiveImage Protectorの起動環境(AIPBE)の提供、スナップショットドライバの改善、バックアップ元ホスト以外のホストで結合処理といった機能拡張を行った。

 税別価格は、1~4ライセンスが10万8000円/ライセンス、5~9ライセンスが10万1700円/ライセンス。ネットジャパンは、1年間で1億円の売り上げを見込んでいる。