クリエーションライン(安田忠弘社長)とクリエーションラインのカンボジア子会社であるCL&T.A.Gは、11月19日、カンボジアでプランテーション(大規模農場)を運営するSOMA GROUP(SOMA)から、農場と農作物の管理システムの構築案件を受託したと発表した。

 SOMAは、カンボジアで建設業、流通業、バイオマス発電事業、プランテーション事業など、複数の事業を展開する企業体。今回、新たに構築する農場と農作物の管理システムを活用して、農作物の生産性向上を図る。また、このシステムによる農作物の需要予測や販売計画、生産計画、生育予測の実施を計画している。

 案件は、現地法人であるCL&T.A.Gを中心に実施。クリエーションラインとCL&T.A.Gは、SOMAとともに、システムをクラウドサービスとして国内外の他企業に提供することも計画している。