アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、12月24日、業務改革ソリューション「ECOAS」の新ラインアップとして、顧客がつくり込むことができる経費・旅費精算ワークフロー製品「ECOAS for IM-BIS」を発売した。

 「ECOAS for IM-BIS」は「ECOAS」を、NTTデータイントラマート(中山義人社長)が提供する次世代システム基盤製品「intra-mart」が搭載する「IM-BIS」に対応させたもの。「IM-BIS」は、ワークフローモジュール、簡易画面作成ツール、BPM、外部データ連携ツールなどを統合したシステム基盤。

 「IM-BIS」を利用することによって、アプリケーションのプログラミングやコーディングの必要がなく、ツールを活用した画面の変更、ワークフロー設定などのシステム拡張が顧客側でできる。そのため、これまではカスタマイズなどで対応していた機能も、「IM-BIS」を使った設定変更によって、短期間での導入や機能の拡張性を向上できる。今後はNTTデータイントラマートのクラウドサービス「Accel-Mart」上でのサービス展開を予定しており、さまざまなシーンで活用することができるようになる。

 税別価格は150万円。